「育て!ひまわりの種!」
「玄海の家」で育てるひまわりの種・アニメーション画像  みなさん、こんにちは。肌寒い日が続いた春の日から一転して、ジリジリと照りつける太陽に夏を感じますね。陽ざしを目一杯浴びた砂浜を裸足で歩くと、足の裏がヒリヒリとしてきます。
 みなさんにとって夏を感じさせるものは何でしょうか。海水浴や夏祭り、花火にスイカにかき氷、さまざまな夏がありますが、夏の花といえばやはり「ひまわり」ではないでしょうか。
 「玄海の家」では、皆さんを迎える玄関先の花壇に「ひまわり」の種を植えています。この小さな種が、いつか大きな一輪の花を咲かせると思うと、今からわくわくしてきますね。みなさんと元気に活動ができるころには、玄関先で大きく成長した「ひまわり」がお出迎えしてくれるのではないかと思います。
 「ひまわり」の花言葉は「あなたを幸福にする」です。そんな幸せ溢れる「玄海の家」を今年度もみなさまと創っていけたらと思います。(2020/6/21)(ハリー)


新しい仲間が増えました!
玄海の家「アメフラシ」 皆さんこんにちは。6月に入ってジメジメとした日が続き、梅雨の訪れを感じます。
「玄海の家」では新しい仲間を迎えて6月をスタートしました。その仲間とは…「アメフラシ」です!アメフラシは1つの個体で性別を二つ持っているちょっと変わった生き物です。また、写真の中に、中華めんの様な物があると思いますが、これはアメフラシの卵です。今まで1匹で過ごしていたメジナも、新しい仲間を歓迎するように、嬉しそうに泳いでます。「玄海の家」を利用された際には、仲間の増えた水槽にも注目してみてください。 (2020/6/12 ライダー)


「塵も積もれば山となる」
玄海の家「砂かき」 みなさん、こんにちは。先日、海開きを終え、「玄海の家」は海活動の季節に入っています。みなさんが海の活動を安全に行えるよう、職員で海浜の砂かきと清掃を行いました。
毎年砂かきを行っていますが、1年で約60〜70pの砂が積もります。なぜ、こんなに多くの砂が積もってしまうのか、みなさんは知っていますか?それは、海から吹く浜風が陸から吹く風よりも強いからです。そのため、多くの砂が浜風に乗って、移動していきます。このようなことを表したことわざで「塵も積もれば山となる」があります。このことわざは「どんなに小さなものでも積み重なれば大きなものになる」という意味です。砂の粒1つ1つは、とても小さいですが、積もれば通路を防ぐほどになります。改めて、自然の偉大さを感じました。
しかし、私たちも負けずにこつこつと施設の整備を行い、みなさんをお迎えする準備をしていきたいと決意を新たにしました。(2020/06/09) (けんだま)


「3つの合いことば」
玄海の家「3つの合いことば」 みなさん、こんにちは。6月に入り、じめじめとした蒸し暑い季節になりました。
今回は「玄海の家」の「3つの合いことば」について紹介します。その「3つの合いことば」は、「みんななかよく」「ありがとう」「来たときよりも美しく」です。この「3つの合いことば」を意識して活動すると、友達との仲を深めながら、人や物、自然に対する感謝の気持ちに気付けたり、次に使う人のことを想像して、思いやる心を育んだりすることができるかもしれません。
「玄海の家」で活動を行うときには、ぜひ、この「3つの合いことば」を意識してみてください。きっと新しい発見があるはずです。(2020/06/09) (けんだま)


「つばめの子育て」
「玄海の家」つばめの子育て みなさんこんにちは。太陽が照り付け、汗ばむ季節になってきました。みなさんは元気にお過ごしでしょうか?
 「玄海の家」ではどこでも、色々な野鳥の鳴き声が聞こえてきます。毎日とても賑やかで、「玄海の家」の周りにはたくさんの種類の野鳥が住んでいることがわかります。その中でも今回は「つばめ」について紹介したいと思います。つばめは、カラスなどの大きな鳥から身を守るために人のいるところに巣を作る習慣があります。玄海の家の職員玄関の壁にも巣を作り、中から顔を出している姿が見られます。どうやら卵を温めているようです。つばめは約15日間、母鳥が卵を包んで温めます。私たち職員も母鳥になったつもりで見守り、ひなが生まれて顔を出すのを心待ちにしています。みなさんも野鳥の鳴き声が聞こえたら、顔を上げてバードウオッチングをしてみてはいかがでしょうか。(2020/6/5)(ジョージ)


「消防訓練」
「玄海の家」消防訓練 みなさん、こんにちは。
 今日は職員全員で消防訓練を行いました。
 まず初めに、「玄海の家」館内の消火器や消火栓の個数、防火扉やシャッターがどこにあるか確認をしました。
 次に、消防訓練では、宗像地区消防本部津屋崎・玄海出張所の隊員の方に来ていただき、訓練に臨みました。実際に火災が起きたときを想定し、研修生の避難誘導訓練や消火訓練、通報訓練を行いました。最後に、消火器や消火栓の放水訓練も行いました。今年度初めての消防訓練で、緊張感をもちながら臨むことができ、訓練を通して、火災時などの非常事態に備えることはとても大切だと改めて感じた一日でした。(2020/6/2)(かずみん)


海開き
玄海の家の海開き みなさん、こんにちは。「玄海の家」では5月29日に海開きを行いました。
海開きでは、今年度も「玄海の家」の海の活動が安全に楽しく行われるように職員全員で、救護用ロープの使い方やカヌー操作の研修を行いました。
海水浴や海洋カヌー研修の前には、水温・気温・風速・波の高さなどを職員でチェックし、安全に活動ができるかを確認しています。
今年度も「玄海の家」の綺麗な海で、たくさんの方の楽しそうな笑顔に会えるのを職員一同楽しみにしています。(2020/5/29 ライダー)


「そろそろ梅雨入りですね」
雨の日の「玄海の家」 みなさん、こんにちは。5月も下旬を迎え、夏のはじまりを感じさせる陽ざしの強い日が多くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 地面を焦がすような太陽が続く中、ふいに訪れる雨の日はまさに「めぐみの雨」という言葉を連想させますね。雨の日には、「玄海の家」の玄関先の新緑も心なしか喜んでいるように感じます。活力のある夏を迎えるためにも、今の季節はたくさんの栄養を蓄えてほしものですね。
 大きな力を生み出すには、人も植物も準備期間が必要です。「玄海の家」も、みなさんの活動がより活力溢れるものになるように、しっかりと今できることを蓄えていきたいと思います。(2020/5/26)(ハリー)


「グッピーの学校」
「玄海の家」こいのぼりみなさんこんにちは。
新型コロナウイルスの影響により休校が続いていますが、「玄海の家」の水槽ではグッピーの学校が開かれています。そっとのぞいてみると、元気いっぱいにかけっこをして遊んでいました。グッピーは尾びれの形によって性別が見分けられ、オスの尾びれはとがっており、メスの尾びれは丸い形をしています。また、様々な色や模様は水中を彩る宝石のようでとても綺麗です。
みなさんも「玄海の家」に来られた際にはグッピーの様子をこっそりのぞいてみてはいかがでしょうか。1日でも早く新型コロナウイルスが終息し、グッピーのように元気に活動ができることを願っています。(2020/5/21)(クー)


「こいのぼり」
「玄海の家」こいのぼりみなさん、こんにちは。早いもので4月も終わりました。今回は5月によく見られる「こいのぼり」について紹介したいと思います。
「こいのぼり」といえば5月5日の「こどもの日」に合わせて掲げますが、なぜ「こどもの日」に「こいのぼり」を掲げるのでしょうか。いくつか説はありますが、黒い鯉がお父さん、赤い鯉がお母さん、青やピンクの鯉はこどもをあらわし、こどもの無事・健やかな成長を願うという意味が込められているそうです。
このように「こいのぼり」には様々な意味や願いが込められています。「玄海の家」は休所が続いておりますが、皆様が健康に生活できることをお祈りして「こいのぼり」を掲げています。(2020/4/30)(けんだま)


指導員研修会を行いました
「玄海の家」指導員研修会の様子みなさんこんにちは。春も深まり、暖かく感じる日が増えてきましたが、みなさんはどうお過ごしでしょうか。
今「玄海の家」では、みなさんがスムーズ、かつ安全に活動ができるように指導員研修会を日々行っています。野外炊飯(カレー)の研修では実際に薪を割ったり火をおこしたりしました。実際にカレーを作る中で、ご飯を炊く時の火加減が特に難しいと感じました。どうしたら利用者のみなさんにわかりやすく説明できるのか、また、食器を使う上での衛生管理についても話し合いました。みんなで協力して作って食べるカレーは、とっても美味しかったです。みなさんも、普段できない薪割りや火おこしから始めるカレー作りを体験してみませんか?
 現在は新型コロナウイルスの影響で休所中ではありますが、1日も早く終息に向かうことを願い、職員一同みなさんにお会いできる日を楽しみにしています。(2020/4/24)(ジョージ)


今年度の指導員を紹介します
「玄海の家」指導員紹介今回は、皆さんの活動をサポートしていく指導員を好きな言葉と意気込みとともに紹介したいと思います。
『かずみん』「負けないぞ!全力で!」どんなことにも果敢に挑戦!みなさんが玄海の家でたくさん学べるようにサポートします!
『ライダー』「最後は人間性!」優しい玄海の家のお兄さん!元気に明るく頑張ります!
『けんだま』「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」一日一日を後悔しないように頑張ります!
『ハリー』「初志貫徹!」一度決めたら全力でやり抜きます!一緒に楽しい思い出をたくさん作りましょう!
『ジョージ』「千里の道も一歩から!」チャレンジ精神を忘れずに、皆さんと一緒にたくさん経験を積んでいきたいと思います!
『クー』「努力の上に花が咲く」気を引き締めて、みんなの食事を管理します!
今年度はこの6名の指導員で皆様の活動を全力でサポートしていきたいと思います。「玄海の家」で気になったことや、研修で分からないことなどがありましたら、いつでも声をかけてください。よろしくお願い致します。(2020/4/21)(ハリー)


「成長する力」
「玄海の家」のマツみなさんこんにちは。コロナウイルスによる休所のため、利用者のみなさんはいませんが、「玄海の家」の事務室では、くしゃみの音が鳴りやむことはありません。なぜなら、「玄海の家」はたくさんの松林に囲まれた施設で、マツ科の植物は、4月から花粉が飛び始める時期だからです。マツの雄花(おばな)から飛び散った花粉は風に運ばれ、雌花(めばな)のりん片の隙間から入って受粉します。 受粉した雌花は、成長して、みなさんも知っている「まつぼっくり」になります。マツの花粉から「まつぼっくり」ができるなんて、自然の力に驚きです。
みなさんも散歩などをしたときに、さまざまな自然の力を見つけて、触れてみてはいかがでしょうか。(2020/4/20)(かずみん)


こんな所に…
玄海のクロマツ皆さんこんにちは!ライダーです。新型コロナウイルスの影響の収束を祈りながら、職員で環境整備を中心に作業を行っています。そこで新たな発見をしました!「玄海の家」には、いこいの広場という所があり、そこにはクロマツが生えています。そのクロマツの根本をふと見てみると、クロマツの稚樹が生えていました。色々な条件が揃わないと発芽しないので、自然に生えるのはとても珍しいみたいです。しかも1ヵ所だけではなく、いくつかの場所で稚樹を確認することが出来ました!間違って踏んだり、傷つけたりしないように気を付けていきたいと思います。皆さんも「玄海の家」を利用される際はクロマツの根本にも注目してみてはいかがでしょうか?そして、もし見つけた時は、職員に教えてください!!よろしくお願いします。(2020/4/17)(ライダー)


新しい年度がスタートしました。
春の玄海の家 潮の香りを含んだ春風を吸い込むと、こころまでポカポカと春を感じます。
まだまだ肌寒い日もありますが、今「玄海の家」には、いろんなところに小さな春が顔を出しています。自然の中でひっそりと変化している春の知らせを見つけることができるのも、今しかできないことのひとつですね。
新型コロナウイルスの影響で、所は現在休所中ではありますが、今年度も、一日も早くみなさまと一緒に楽しく活動できる事を、職員一同心よりお待ちしております。(2020/4/1)(ハリー)